西方土地株式会社PR
  • お散歩
  • 名所

実は名所めぐりにも最適!?文京区コミュニティバス「Bーぐる」

投稿日:2020/09/05by 
B-ぐるイメージ

都内に住んでいる方だとバスを利用する際に都営バスの利用が一般的かと思いますが、時々変わったバスをみかけますよね。屋根なし二階建ての「スカイバス」とか、水陸両用の「スカイダック」などの特徴的なバスは、見かけるたびにどうやったら乗れるんだろうと気になります。そこで調べていると文京区にもコミュニティバスがあるようなので今回はこのコミュニティバスについてまとめてみました。

文京区コミュニティバスって、どんなバスなの?

文京区のコミュニティバスは、「Bーグル(ビーグル)」と呼ばれており、文京区(Bunkyo)のBと文京区をぐるっとめぐると意味が込められています。

車内のデザインは、以下の二通りで「千駄木・駒込ルート(左)」、「目白台・小日向ルート(右)」になります。

 

「Bーぐる」の利用について

「Bーぐる」の運賃は100円均一、一日乗車券300円、一ヶ月券3,000円となっています。

運行時間は、午前7時台から午後8時台まで20分間隔で一日に39本運行しています。1時間に3本の頻度で毎時刻同じ時間(分)に来ます。バスが経路を一周するのには大体1時間くらいかかります。

 

では、他のエリアにも行ける便利な都営バスがあるのになぜ文京区しか走らないコミュニティバスがあるのでしょうか。さらに言えば、なぜ一日乗車券というコミュニティバス専用の乗車券があるのでしょうか。

 

実は、名所が多い「Bーぐる」ルート!

「なぜ文京区にコミュニティバスがあるのか」を考える前に、まずこのコミュニティバスのルートをみてみましょう。

「Bーぐる」のルートは「千駄木・駒込ルート」と「目白台・小日向ルート」に分かれています。

それぞれの停留所は次の通りです。

 

千駄木・駒込ルート

まずは「千駄木・駒込ルート」をみてみましょう。停留所は以下の場所です。

「ラクーア 」、「都営三田線春日駅」、「文化シヤッター前」、「クイーンズ伊勢丹」、「指ヶ谷小学校(さすがやしょうがっこう)」、「白山下」、「白山駅」、「白山上」、「向丘一丁目」、「日本医大前」、「千駄木二丁目」、「千駄木駅」、「特養ホーム千駄木の郷」、「千駄木小学校」、「駒込病院」、「本駒込三丁目」、「富士神社前」、「昭和小学校(上富士前)」、「六義園入口」、「南北線駒込駅」、「六義公園運動場入口」、「本駒込六丁目」、「千石駅」、「特養ホーム白山の郷」、「東洋大学前」、「白山五丁目」、「白山下」、「指ヶ谷小学校」、「白山一丁目」、「文化シヤッター前」、三田線春日駅」、「文京シビックセンター(春日駅前)」、「小石川後楽園」、「後楽一丁目」、「東京ドームホテル」、「ミーツポート」、「ラクーア

地図にすると以下のようなルートです。

 

ラクーアから白山通りをつかって、白山や千駄木・駒込方面へ行くルートですね。地下鉄では、都営三田線を使う場合は春日から白山、千石、巣鴨などに行くことができますが、白山から千駄木の方に行きたい場合はBーぐるを使うと便利そうです。

 

一方で、結構魅力的な停留所が多くあるのに気づきませんか?

大まかにあげると、以下ようなものがあります。

 

クイーンズ伊勢丹(ちょっと高級なスーパー)、白山神社(文京あじさい祭りで有名)、指ヶ谷小学校(さすがやという名前)、「千駄木駅(谷根千の通称で親しまれる下町)」「千駄木小学校(3s1kで有名な公立小学校)」「富士神社前(山開祭り、納涼盆踊り大会などイベントなどでも有名)」、「昭和小学校(3s1kで有名な公立小学校)」「六義園(都立公園・特別名勝)」「小石川後楽園(都立公園・名勝)」

 

意外と文京区の有名な場所が多いですよね。このような名所が巡れる魅力は都営バスにはないかと思います。そのため経路はやや複雑になっており都営バスよりも効率の面では悪いかもしれません。しかし、実際はコミュニティバスでの千駄木や本駒込の魅力が詰まったバスツアーともいえますね。

 

では、もう一方の目白台。小日向ルートをみてみましょう。

目白台・小日向ルート

目白台・小日向ルートは以下のようになっています。

文京シビックセンター(春日駅前)」、「小石川税務署」、「後楽二丁目」、「トッパンホール印刷博物館」、「水道二丁目」、「文京総合福祉センター」、「江戸川橋駅」、「江戸川公園」、「関口二丁目」、「ホテル椿山荘東京」、「目白台一丁目」、「目白台運動公園」、「日本女子大前」、「目白台二丁目」、「アカデミー音羽」、「護国寺駅」、「講談社前」、「大塚二丁目」、「跡見女子大西門前」、「都営小日向二丁目アパート」、「文京総合福祉センター」、「小日向台町小学校」、「小日向二丁目」、「新大塚公園」、「窪町小学校」、「茗荷谷駅」、「第一中学校」、「播磨坂」、「共同印刷」、「小石川一丁目」、「こんにゃくえんま」、「富坂下」、「文京シビックセンター(春日駅前)

こちらは、文京シビックセンターから江戸川橋や椿山荘、目白台に抜けて行く経路ですね。

こちらのルートの特徴はなんと言っても坂道でしょうか。椿山荘前の坂道、お茶の水女子大学横の坂道、緩やかな播磨坂、唯一下り坂である春日通りは通らないですが心臓破りの坂道が体験できます。

そのほかにも名所としては、以下のような場所があります。

「文京シビックセンター(区役所・展望台)」、「小石川税務署(小石川後楽園)」、「トッパンホール印刷博物館(博物館)」、「江戸川橋(芭蕉庵)」、「椿山荘(庭園・ホテル)」、「護国寺(お寺)」、「講談社」、「大塚二丁目(お茶の水女子大学南)」、「窪町小学校(3s1kの公立小学校)」、「播磨坂(文京さくら祭りで有名)」、「共同印刷」

目白台・小日向ルートではこのような名所を巡ることができます。このような複雑なルートは効率の良い都営バスではなかなか実現できないですね。こちらのルートは、文京区民でも意外なルートに感じると思います。この意外さこそがコミュニティバスの魅力かもしれません。

 

「Bーぐる」の名所廻り利用について

この「千駄木・駒込ルート」と「目白台・小日向ルート」実は、一日1回だけ乗り継ぎ料金無料で乗り換えることができます。そのため、この両方のルートを一日乗車券(300円)を買えば満喫できてしまうんですね。

※平成27年4月1日(水曜日)から 「1文京シビックセンター(春日駅前)」での千駄木・駒込ルートと目白台・小日向ルートの相互乗り継ぎが無料になりました。乗り継ぎの際は、相互乗継券を発行しますので、運転士にお申し付けください

コミュニティバスの魅力は、効率的な都営バスとは違ったのんびりと文京区の名所を巡るところにありそうですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、文京区のコミュニティバスについてまとめてみました。都内は地下鉄や自転車といった交通手段も多く便利なのでバスは利用する地区が違うと全く使わないことも多いですが、コミュニティバスのような観光のためのバスの利用の仕方も面白そうですね。気になった方は、ぜひ利用してみてください。文京つーしんでは、この他にも文京区の役立つ情報について配信しておりますのでよろしくお願いします。

 

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア

◼︎ 詳細情報

「Bーぐる」文京区HPリンク

コメントを残す

TOP

Copyright 文京つーしん,All Rights Reserved