西方土地株式会社PR
  • 大学

文京区本郷にある順天堂大学ってどんな大学?学内にはどんな施設があるの?

2020/12/05
文京区本郷にある順天堂大学ってどんな大学?

文京区の本郷や湯島といった地域は、東京大学医学部が開設された明治時代から医療関連産業のメッカとしても知られています。そこで今回は創立180年以上の歴史のある順天堂大学についてまとめてみました。

 

順天堂大学ってどんな大学

順天堂大学は日本の私立大学で、医学部を中心とした6学部7学科構成の大学になります。

「健康総合大学・大学院大学」と呼ばれるように医学、看護学、スポーツ健康学の教育・研究を行なっています。

 

「順天堂大学」という名前の由来

順天堂の「順天」は、中国の古典『易経』にある「順天応人」(天の意志に順い、人々の期待に応える)と、孟子の言葉の「順天者存 逆天者亡」(自然の摂理に順うものは存続して栄え、天の理法に逆らうものは亡びる)に由来します。

「順天堂」という名前は、開学された江戸時代後期に儒教が学問の中心であった名残りと考えられますね。近くには当時、儒教を教えていた昌平坂学問所跡地として有名な湯島聖堂も残っています。

現在では、病院のご利用は順天堂大学は特定の宗教に限定されていません。学内には礼拝堂「Prayer Room」も設置されており、特定の宗教に関わらず利用することができます。

 

順天堂大学ってどこにあるの

順天堂大学の住所は、東京都文京区本郷2-1-1となります。

アクセスとしては、地下鉄丸の内線の御茶ノ水駅を利用するのが最もわかりやすいですね。丸ノ内線の御茶ノ水を駅を出るとすぐに「東京医科歯科大学」が見えますので、外堀通りを西側に歩いていきます。順天堂大学の付近には「サッカー通り」や「道路橋」がみえますのでその辺りが大学の敷地の目安になります。

順天堂大学の学内

では、順天堂大学の学内はどのようになっているのでしょうか。

順天堂大学の学内地図

順天堂大学の学内には順天堂医院となっている1号館、B棟、C棟、D棟があります。4号館は医局や臨床部門、病院事務部門となっています。その他学内には医局棟、診療放射、記念館、教育棟や保育所(本町ビル)などもあり神田川沿いの広いエリアが順天堂大学の敷地になっています。

順天堂大学の学内イメージ

 

順天堂大学の本郷以外のキャンパスについて

順天堂大学のキャンパスは「本郷キャンパス」の他にも、「さくらキャンパス(千葉県)」、「浦安キャンパス(千葉県)」、「三島キャンパス(静岡県)」があります。それぞれのキャンバスによって学部や研究科が異なるのでご注意ください。

それぞれのキャンパスと学科学部の分類は、「本郷・お茶の水キャンパス」では、医学部・国際教養学部・保健医療学部・3大学院研究科、「さくらキャンパス」では、スポーツ健康科学部・スポーツ健康科学研究科、「浦安キャンパス」では、医療看護学部・医療看護学研究科、「三島キャンパス」では、保健看護学部となっています。

 

順天堂大学附属機関

順天堂大学の附属機関は、現在(2020年5月)で以下の附属6病院で総病床数3,443床を有し、日本最大規模の強固なネットワークを形成しています。

順天堂医院(東京都文京区)静岡病院浦安病院順天堂越谷病院順天堂東京高等高齢者医療センター練馬病院

附属6病院は、先進医療、地域医療、救急医療、周産期医療、高齢者医療、精神医療、癌治療、新規医薬品・医療材料・医療危機の開発など、国民の医療ニーズに幅広く対応する高い専門性を発展させつつ、総合力に秀でた医療機関として国際レベルでの連帯を強めています。

 

国際連携大学・研究所について

また、国際連帯大学や研究所としては、北京大学、第四軍医大学(西安)、中国医科大学、中日友好医院(北京)、タイ国立皮膚病学研究所(バンコク)、ベトナム軍医大学、メイヨークリニック、MDアンダーソンがんセンター、シャリテ医科大学(ベルリン)などがあります。

中国や東南アジアが多くありますが、ドイツなどにも研究所があるのがわかりますね。

 

順天堂大学の経営について。「三無主義」とは

順天堂大学の方針は、以下の学是(がくぜ)・理念学風「順天堂の3つの柱」から成り立っています。では、それぞれどのようなものかをみてみましょう。

 

学是(がくぜ)としての「仁(じん)」

「学是」とは学校の方針のことです。順天堂大学は「仁(じん)」を学是としており、「人ありて我在り、他を思いやり、慈しむ心。これすなわち『仁』」といった意味合いがあります。

医療の基本には人を思いやる気持ちが大切であるということですね。

 

理念としての「不断前進」

大学の理念は、「不断前進」となっております。「現状に満足せず、常に高い目標を目指して努力を続ける姿勢が求められる」ことを説いています。

時代の変化と共に医学に関わる人々に日々進歩し続けていくことが大切なようですね。

 

学風としての「三無主義」

学風は「三無主義」となっており、出身校・国籍・性別による差別のないことを目標にしています。

様々な国での研修や交換留学生の受け入れを行なっていることからも学風がみて取れますね。

 

順天堂の3本の柱

順天堂の3本の柱とは「教育」「研究」「診療・実践」となっています。医療に必要な要3素を基本に、グローバル社会において医療やスポーツなどで人々の健康を支える人材の育成・輩出に取り組んでことがわかります。

 

順天堂大学の起源、創始者の和田泰然について

和田泰然

順天堂大学の起源は、江戸時代後期の1838年に佐藤泰然(たいぜん)が現在の日本橋二丁目に「オランダ医学塾(和田塾)」を開学したことに始まります。佐藤泰然は、医学書の中では母の姓である和田から和田泰然と記されていることもあります。

攘夷や洋学排斥の幕末には江戸より下総国佐倉に移った順天堂には、全国各地より数百名を超える俊英が集まり「日新の医学、佐倉の林中より生ず」と今に語り継がれるほどでした。

日本に西洋医学研究・教育、そして臨床医学の実践の場の基礎を作ったのがこの和田泰然といえそうですね。

 

東京大学医学部の創立時の初代校長となった佐藤尚中(しょうちゅう)とは

順天堂の第二代党主となる佐藤尚中は佐藤泰然の弟子でのちに養子となりました。

佐藤尚中は、1869年(明治2年)に明治政府から大学教官に任命され、東京大学医学部の初代校長の座につきます。尚中は、その後1873年(明治6年)には順天堂大学医学部附属順天堂医院も開設することになりました。そのため、東京大学医学部からの病院長、教授などが多く受け入れられることも多くあったようです。

順天堂大学で野口英世などの著名な研究者も臨床教育を受けたことなどは有名です。

 

順天堂大学の近年の活動・研究

順天堂大学の近年の研究では、「アトピー疾患」、「老人性疾患」、スポーツと医学の「スポートロージー」、「ゲノム・再生医療」や「感染症」などが行われています。2020年11月には順天堂大学と日本サッカー協会(本郷)との連携協定を結ぶなどの「スポーツ医学」についての分野にも力をいれているようです。

日本サッカー協会

日本サッカー協会のような同じ文京区本郷の施設としてスポーツ医学への貢献がみられるのは嬉しいですね。

また、その他にも産学官の連帯を通じて医学、スポーツ健康科学、看護学及び国際教養学の理論と実践を行なっています。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は180年以上の歴史がある順天堂大学についてまとめてみました。メディカルタウンである文京区とはいえ、なかなか医学部の情報に触れる機会はないですよね。この機会にどのような文京区にある医学部はどのような特徴があるのかを知ってみてはいかがでしょうか。文京つーしんではこの他にも文京区にまつわる様々な役立つ情報を配信しておりますのでよろしくお願いします。

 

  • twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • LINEでシェア

◼︎ 詳細情報

順天堂大学施設詳細

コメントを残す

TOP

Copyright 文京つーしん,All Rights Reserved